自宅のベランダで蜂の巣を見つけたらすぐに駆除の依頼をしよう

自宅で蜂の巣を発見した場合にできる対処

蜂の巣が家のベランダに?!駆除を施すまでの対応

蜂の巣があると、その分蜂による被害が増えてしまいます。自宅に蜂の巣があるという人も少なくはありません。むやみに近づくと蜂に刺されてしまうため、蜂の巣を見つけたときの対処と駆除の方法を紹介します。蜂の被害に遭わないよう、しっかり覚えておきましょう。

蜂に襲われる前に駆除業者を呼ぼう

蜂の巣に近づかなければ刺されない、というわけではありません。蜂の巣はどんどん大きくなっていき、行動範囲を広げていきます。自宅に蜂の巣ができてしまうと、安心して生活することができなくなります。蜂に刺される前に蜂駆除の業者に問い合わせましょう。蜂駆除の業者に頼むことで完璧な駆除をしてもらえます。もしどの業者に依頼すればいいのか分からないときには、近くの役場に問い合わせると蜂駆除業者を紹介してもらうことができます。

蜂の巣を発見!まずはどうするべき?

蜂の巣を見つけたときに興味本位で近づくのはとても危険です。蜂は、身に危険を感じると非常に攻撃的になり人を刺すからです。蜂の巣に近づくことは蜂を刺激することに繋がるため、蜂の巣を見つけた場合は落ち着いてゆっくりと巣から離れましょう。

刺されてしまったときの対処方法を知っておこう

蜂に刺されないように気を付けても、刺されてしまう可能性が0というわけではありません。万が一刺された場合の対処法も確認しておきましょう。

ベランダの蜂に関するQ&A


ベランダに近づいたら刺された、どうしたらいいの?
蜂の巣があるベランダに近づき蜂に刺された場合、早めの対応が必要です。そこで万が一蜂に刺されたときの対処方法を紹介します。

病院に行くまでの応急処置

毒針を抜く
蜂に刺されて針が刺さったままになっていたら、硬いカードで払うように取るか、ピンセットで抜きましょう。慌てて指で抜こうとすると毒液が入っている部分を刺激し、さらに毒が体内へ入る危険があります。指で抜かず、針だけに触れて抜くことができるカードやピンセットを使い、落ち着いて抜きましょう。
刺された部分の毒を流水で洗い流す
蜂に刺されると激しい痛みを感じますが、この痛みは蜂の毒によるものです。刺されて針を取ったら刺された部分を流水で十分に洗い流しましょう。その後に毒の吸引をするが、口で吸引することはやめ、吸引器かリムーバーを使いましょう。
薬を塗って患部を冷やす
蜂の毒が体内に入るとアレルギー反応を起こしてしまいます。ステロイド軟膏はそれを緩和するのに役立ちます。アレルギー症状を和らげるために、刺された部分を清潔にした後はステロイド軟膏を塗りましょう。処置が終わった後も痛みがある場合には、保冷剤を刺された部分に当てて安静にすると痛みを緩和することができます。

患部を綺麗にしたら病院にすぐに行く

患者と医師

蜂に刺された場合には腫れや痛みなどの症状が出ます。毒性の強い種類の蜂の場合には特にひどい症状が現れるため、必ず皮膚科もしくは救急病院へ行きましょう。鉢に刺されるのが2回目という人は、アナフィラキシーショックを引き起こしやすい状態となっているため、すぐに救急病院へ行くようにしましょう。

蜂に刺されたときは検査を受けよう!

1回蜂に刺されてアレルギー抗体を持ってしまうと、2回目に刺された場合の症状がひどくなる可能性があります。もし蜂に2回刺されてしまったら、病院で「アレルギー抗体検査」を受けましょう。この検査は大きい病院の皮膚科で、蜂に刺されて1ヵ月以上経っている状態であれば検査を受けることができます。もしも自宅にできた蜂の巣に近づいてしまい蜂に刺された場合には、慌てずに適切な対処ができるようにしましょう。

TOPボタン